高齢者をサポートしたい!現状と今後を知ろう

おすすめ記事 介護保険が適用になるサポートの仕組み

多様化する高齢者向けサポート

高齢化が進む日本社会において「高齢者のサポート」は重要な社会的課題です。一口に高齢者といっても、当然のことながら生活や暮らしぶり、経済事情や健康状態、家族構成も実に多種多様。単一的なサポートでカバーしきれるものではなく、高齢者向けサポートが多様化するのも自然の流れです。介護以外にも高齢者が求めるサポートは多々あります。

更新日 きめ細やかなサービスがある

きめ細やかなサービスがある

介護保険の適用範囲内である必要最低限のサポートとは対照的に、介護保険外サービスでは日常のあらゆることをサポートすることが可能になります。高齢者が病気でもなく要介護者でもない場合だとしても、保険適用外ならば自由にサービスを受けることができるので、ペットの世話や庭の手入れ、家具の移動などもすべてサービスの範囲内です。今後はニーズに沿って新たなサービスが生まれてくることが予想されており、民間企業の参入も増えています。

それぞれのニーズに合わせたサポートのために

  • 介護保険内・外の線引きがポイント
    介護保険内・外の線引きがポイント更新日:

    介護保険内でできることとできないことの区別がつかない介護保険利用者は多く、訪問介護の際に介護保険外のサービスを求めてしまうようなケースがあります。そもそも介護保険の仕組みが複雑でわかりにくく、専門知識を持たない高齢者が自分で制度のすべてを理解してサービスを依頼することはかなり難しいものです。混合介護は可能なので、事業者やケアマネージャーは適切な介護計画のもと利用者にしっかりとした説明を行っていく必要があります。

  • 内容や費用は提供者によって異なる
    内容や費用は提供者によって異なる更新日:

    介護保険外サービスにはさまざまなタイプがあり、市区町村や介護サービス事業者、民間企業が提供しているサービスがあります。介護認定を受けている人が介護保険外のサービスを利用する場合はケアマネージャーに相談しますが、そうでない高齢者は自由にサービスを選ぶことになります。サポート内容によっては費用が高額になる場合があるものの、サポートを手厚くすることによって高齢者の生活の質を大幅に向上させることができます。

特集記事