より良い生活のための介護保険外サポート

おすすめ記事 高齢者のより良い生活のために

高齢者のより良い生活のために

高齢者のより良い生活のために

介護保険外サービスの必要性

高齢化社会がいよいよ本格化しつつある中、高齢者の暮らしをどう安定させるかが社会の重要な課題となっています。高齢者向けの制度としては介護保険が適用される公的サービスなどがありますが、そのようなサービスは生活していくために必要な最低限のサポートであって、別の部分で受けたいサービスが受けられないことが少なくありません。そのため、介護保険適用外のサービスを自費でもいいから受けたいという高齢者が今後増加することが予想されています。

介護保険外サービスとは

介護保険サービスは、介護サービスにかかる費用の1割か2割を利用者が負担し、残りを介護保険でまかなうシステムです。一方の介護保険外サービスは、趣味嗜好のための外出やペットの世話、庭の手入れなどの日常のちょっとした用事など、介護保険の適用がなく全額自費でまかなう必要がある介護サービスのことです。介護保険とは関係がないため、介護認定の有無に関係なくサービスを受けたい人が誰でも受けることができます。介護保険ではどうしてもまかないきれない部分を介護保険外サービスがカバーできるようになれば、高齢者の抱える悩みや不安を解消し、生活の質を高めることができるようになるのです。

介護保険外サービスのメリット・デメリット

介護保険外サービスのメリットは、要介護者やその家族が十分なサービスを満足ゆくまで受けられることです。介護保険の壁がなくなることで不安も減り、安心して生活できるというのは高齢者が今後の時代を生きていくために必要なことです。介護保険外サービスのニーズが高まるのに比例して事業者も増えていくので、事業者間が競うことによってサービスの質も磨かれていきます。ニーズの変化に応じて新たなサービスが生まれてくることもあるでしょう。
一方のデメリットは、介護保険サービスと介護保険外サービスの違いが周知されていないことです。要介護者もその家族も、介護保険外サービスについて知らなければ資力が足りていても十分なサービスが受けられないままの生活です。ケアマネージャーによっては介護保険外サービスについて熟知していない場合もあり、そのようなケアマネージャーに頼っている利用者はいつまでも不自由な生活が続いてしまう可能性があります。
これらのメリットとデメリットを総合的に考えると、介護保険サービスと介護保険外サービスの違いや具体的なサービス内容についての情報をできるだけ入手し、最適な介護プランを立てていくことが今後の高齢者には必要であることがわかります。また、事業者側もニーズをよく把握し、適正な価格と質のサービスを提供してくための努力をしていく必要があります。

それぞれのニーズに合わせたサポートのために

  • 介護保険内・外の線引きがポイント
    介護保険内・外の線引きがポイント更新日:

    介護保険内でできることとできないことの区別がつかない介護保険利用者は多く、訪問介護の際に介護保険外のサービスを求めてしまうようなケースがあります。そもそも介護保険の仕組みが複雑でわかりにくく、専門知識を持たない高齢者が自分で制度のすべてを理解してサービスを依頼することはかなり難しいものです。混合介護は可能なので、事業者やケアマネージャーは適切な介護計画のもと利用者にしっかりとした説明を行っていく必要があります。

  • 内容や費用は提供者によって異なる
    内容や費用は提供者によって異なる更新日:

    介護保険外サービスにはさまざまなタイプがあり、市区町村や介護サービス事業者、民間企業が提供しているサービスがあります。介護認定を受けている人が介護保険外のサービスを利用する場合はケアマネージャーに相談しますが、そうでない高齢者は自由にサービスを選ぶことになります。サポート内容によっては費用が高額になる場合があるものの、サポートを手厚くすることによって高齢者の生活の質を大幅に向上させることができます。

特集記事