地域で支える住み慣れた土地での生活サポート

おすすめ記事 きめ細やかなサービスがある

住み慣れた土地で生活するために

住み慣れた土地でずっと暮らしていきたいと考えているものの、思うように動けない身体では最低限の生活もままならないという高齢者は多くいます。そのような高齢者にとって、在宅介護をサポートするサービスは生きがいを支えるために不可欠なものです。本格化する高齢化に備え、国は「地域包括ケアシステム」の構築を急いでいます。このシステムを機能させるためには、介護保険外のサービスが重要な役割を担うことになります。

  • 地域で支える体制づくりを目指して

    地域で支える体制づくりを目指して住み慣れた土地で高齢者が長く元気でいきいきと暮らしていくためには、地域で支え合う仕組みが必要です。そこで国が促進しているのが、「地域包括ケアシステム」です。このシステムの実現を支えるのが、介護保険外サービスの存在です。
    続きを読む
  • より良い制度にするために

    より良い制度にするために「地域包括ケアシステム」は、今後の介護のあり方に大きく影響を及ぼす高齢者のサポートシステムです。2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、介護を必要とする人の数が増えていくことから、介護サービス体制の充実が急がれます。
    続きを読む
  • 在宅介護を支える「ダスキンライフケア」

    在宅介護を支える「ダスキンライフケア」高齢化が急速に進む中で国が促進しようとしている在宅介護をより充実したものにできるサービスが、「ダスキンライフケア」です。介護も家事も同じ料金でのサービスが可能で、趣味の相手や話し相手などの依頼にも応えます。
    続きを読む
住み慣れた土地で生活するために

それぞれのニーズに合わせたサポートのために

  • 介護保険内・外の線引きがポイント
    介護保険内・外の線引きがポイント更新日:

    介護保険内でできることとできないことの区別がつかない介護保険利用者は多く、訪問介護の際に介護保険外のサービスを求めてしまうようなケースがあります。そもそも介護保険の仕組みが複雑でわかりにくく、専門知識を持たない高齢者が自分で制度のすべてを理解してサービスを依頼することはかなり難しいものです。混合介護は可能なので、事業者やケアマネージャーは適切な介護計画のもと利用者にしっかりとした説明を行っていく必要があります。

  • 内容や費用は提供者によって異なる
    内容や費用は提供者によって異なる更新日:

    介護保険外サービスにはさまざまなタイプがあり、市区町村や介護サービス事業者、民間企業が提供しているサービスがあります。介護認定を受けている人が介護保険外のサービスを利用する場合はケアマネージャーに相談しますが、そうでない高齢者は自由にサービスを選ぶことになります。サポート内容によっては費用が高額になる場合があるものの、サポートを手厚くすることによって高齢者の生活の質を大幅に向上させることができます。

特集記事