介護保険制度と高齢者サポート

おすすめ記事 自分に合った働き方を相談できる「きらケア」

改善が進められる介護保険制度

高齢者が介護保険で受けられるサービスは、「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3種類です。介護保険内でサービスを受けるためには、市区町村から要支援もしくは要介護と認定される必要があります。介護保険内外で受けられるサポートの違いを理解しないまま介護保険を利用している人が多いなど、今後の高齢化社会に対応していくために改善すべき点は多くあり、制度改正に伴ってさまざまな取り組みがなされています。

  • どんなサポートがあるのか

    どんなサポートがあるのか介護保険が適用されるサービスには、住んでいる場所で介護サービスを受ける「居宅サービス」や、施設に入居して介護サービスを受ける「施設サービス」、住み慣れた地域で介護サービスを受ける「地域密着型サービス」の3つがあります。
    続きを読む
  • 介護保険内・外の線引きがポイント

    介護保険内・外の線引きがポイント介護保険で難しいのが、介護保険でできることとできないことの区分けです。医療保険とは違って保険内外の混合が認められてはいるものの、利用者の認識が追いついていないケースが多く、しっかりとした周知が必要です。
    続きを読む
  • より良い制度にするために

    より良い制度にするために近い将来には高齢者が急激に増えていくことが確実となっている今、より良い介護サービスの確保のための制度改正を受けた環境整備が急がれています。この制度改正によって「地域包括ケアシステム」の促進が提起されました。
    続きを読む
  • 介護保険が適用になるサポートの仕組み

    介護保険が適用になるサポートの仕組み介護保険サービスには「居宅サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3つがあります。これらのサービスを利用するためには、市区町村が実施している要介護認定にて「要支援」か「要介護」の判定を受ける必要があります。
    続きを読む
改善が進められる介護保険制度

それぞれのニーズに合わせたサポートのために

  • 介護保険内・外の線引きがポイント
    介護保険内・外の線引きがポイント更新日:

    介護保険内でできることとできないことの区別がつかない介護保険利用者は多く、訪問介護の際に介護保険外のサービスを求めてしまうようなケースがあります。そもそも介護保険の仕組みが複雑でわかりにくく、専門知識を持たない高齢者が自分で制度のすべてを理解してサービスを依頼することはかなり難しいものです。混合介護は可能なので、事業者やケアマネージャーは適切な介護計画のもと利用者にしっかりとした説明を行っていく必要があります。

  • 内容や費用は提供者によって異なる
    内容や費用は提供者によって異なる更新日:

    介護保険外サービスにはさまざまなタイプがあり、市区町村や介護サービス事業者、民間企業が提供しているサービスがあります。介護認定を受けている人が介護保険外のサービスを利用する場合はケアマネージャーに相談しますが、そうでない高齢者は自由にサービスを選ぶことになります。サポート内容によっては費用が高額になる場合があるものの、サポートを手厚くすることによって高齢者の生活の質を大幅に向上させることができます。

特集記事