ベアーズで高齢者サポートの担い手になろう

おすすめ記事 高齢者のより良い生活のために

得意分野を活かしたサポートができる「ベアーズ」

得意分野を活かしたサポートができる「ベアーズ」

「ベアーズ」の高齢者支援サービスの特徴

ベアーズでなによりも大切にしているのは高い品質の提供です。お客様に感動を与えるようなサービスを提供するために、「覚悟」「「実績」「品質」の3項目を追求しつづけています。そのために、利用者とスタッフとの相性度にも注目。このマッチングシステムはベアーズ独自の取り組みです。また、クオリティチェックも欠かさず行われているので、不満も即解消され、要望に合った対応を叶えています。 日常生活のサポート支援を頼りにしている高齢の利用者は特に、要支援・介護度といった心身の事情によって一人ひとりサービス内容が異なるものです。そのため、細かな部分までオーダーメイドで対応しているベアーズの家事代行サービスは、利用者からの高い支持を獲得。高齢者一人ひとりの思いに応えられるようなサポートの担い手を目指している方は、特に大きなやりがいを感じられることでしょう。 60歳以上の方を対象としたアクティブシニアサポートというプランでは、1時間から利用できるサービスを提供。掃除や料理などの一般的な家事代行サービス以外にも、ゴミ出しやアイロンがけ、草むしり、ベッドメイク、荷物の受け取りといった小さな要望にも対応しています。さらに不在時にも対応しているので、通院などで自宅を離れている間に部屋の換気などを依頼できるのもベアーズの特徴です。また、感染症予防を気にかけている高齢者も多いことから、ベアーズでは除菌清掃サービスの提供も行い、感染症のリスク軽減にも努めています。

ベアーズのサービス

ベアーズが提供しているサービスは、主に家事代行・家政婦、ハウスクリーニング、料理代行、キッズ・ベビーシッターなどです。「女性の”愛する心”を応援する」というコンセプトを掲げ、安心して任せられるような存在を目指しています。そのためにベアーズでは、スタッフの採用・教育・管理、コールセンターの対応などすべてを自社で実施。1万6千人超のスタッフの中から、お客様とぴったりマッチングする担当者を手配しているのです。自分の得意分野を活かすことができるマッチングの取り組みは、スタッフにとっても大きな喜びに繋がることでしょう。
リピート率が高いことでも知られるベアーズ。主な利用者は、シニア世代や共働き世帯、単身赴任をしている方、子育て中の方などさまざまです。リピートが多い理由は、190万件を超える実績があることや高い品質の提供、さらには人気度や料金設定、利便性の良さなどが挙げられます。料金面では、「人気があるから試してみたい」という人向けに、初回限定のお試しプランを展開。初めてでも気軽に利用できるのもベアーズの特徴の一つです。また、利用者のライフスタイルや希望に寄り添えるように、水回り掃除に特化したベアーズパックプランや、スタッフ2名を配置する2倍キレイプラン、整理収納を主に行うおかたづけプラン、最高品質のサービスが受けられるロイヤルプランなど、あらゆるサービスプランを展開しています。
ベアーズが高品質のサービスを提供できているのは、スタッフの教育にもヒントが隠されていると言えるでしょう。採用されたスタッフは座学や実践を通じて、マナーやマインドはもちろん、掃除技術の習得を実現。徹底した教育体制により、マッチ度の高いオーダーメイドサービスの提供を叶えているのです。実際に利用した人からは、「見違えるほどキレイになった」「悩みが解決できた」「ぜひまた利用したい」といった満足度の高い声が届いています。ベアーズでは生活全般の代行サービス以外に、ハウスメンテナンスサービスも展開中です。ヤマダホームズとのタッグにより実現しているメンテナンスサービスは、定期的なメンテナンスから修繕、本格的なリフォームまで幅広く提供。マイホームだけでなく、中古物件のリノベーションも手掛けています。
これらの広域なサービス展開により、多くの人の「困った」に応え続けているのがベアーズならではの強みです。

それぞれのニーズに合わせたサポートのために

  • 介護保険内・外の線引きがポイント
    介護保険内・外の線引きがポイント更新日:

    介護保険内でできることとできないことの区別がつかない介護保険利用者は多く、訪問介護の際に介護保険外のサービスを求めてしまうようなケースがあります。そもそも介護保険の仕組みが複雑でわかりにくく、専門知識を持たない高齢者が自分で制度のすべてを理解してサービスを依頼することはかなり難しいものです。混合介護は可能なので、事業者やケアマネージャーは適切な介護計画のもと利用者にしっかりとした説明を行っていく必要があります。

  • 内容や費用は提供者によって異なる
    内容や費用は提供者によって異なる更新日:

    介護保険外サービスにはさまざまなタイプがあり、市区町村や介護サービス事業者、民間企業が提供しているサービスがあります。介護認定を受けている人が介護保険外のサービスを利用する場合はケアマネージャーに相談しますが、そうでない高齢者は自由にサービスを選ぶことになります。サポート内容によっては費用が高額になる場合があるものの、サポートを手厚くすることによって高齢者の生活の質を大幅に向上させることができます。

特集記事