大きなやりがい!高齢者サポートの担い手になろう

おすすめ記事 高齢者のより良い生活のために

やりがいが大きい仕事

やりがいが大きい仕事

介護のやりがい

介護の仕事は、体力が必要で勤務時間もバラバラだったりと大変な部分もありますが、とてもやりがいのある仕事です。介護職になろうという人は社会貢献への意識が高い人が多く、高齢者のサポートをすることに大きなやりがいを感じています。介護の仕事にハードなイメージを持っているようであれば、ぜひ介護のやりがいにも目を向けてみてください。

介護の仕事とは

介護の主な仕事は、要介護者の食事、排泄、入浴、着替えなどの身の回りのお世話や、立ち上がりや歩行の補助などを行います。要介護者や要介護者の家族とのコミュニケーションは、介護の中でもとても重要な仕事です。認知症患者を介護する場合は、相手に不安を抱かせないよう柔らかく接することが求められますし、思うようにいかないときも根気よく対処していく必要があります。介護の仕事には、食事の配膳や洗濯、ベッドメイキングや排泄物の処理などの環境整備の仕事があります。施設によっては、簡単なレクリエーションを企画したりすることもあります。仕事の合間や仕事終わりには、介護内容や注意点などの気づいたこと、要介護者の心身の状態などについての介護記録を作成するという事務作業もあります。

介護に向いている人

介護に向いているといわれる人はホスピタリティがあり、人と接することが好きで、考え方がポジティブかつ危機管理力があります。人をもてなすことやお世話することによろこびを感じる人は、ホスピタリティがある人といえるでしょう。介護の仕事は人を相手にする仕事なので、コミュニケーション力は欠かすことのできないスキルです。身体が思うように動かない不安やストレスと日々戦っている高齢者と接するためには、明るくポジティブな考え方を持つことも重要です。介護の仕事は人の命に大きく関わる仕事なので、危機管理力も求められます。元気な人ならなんでもないようなちょっとした段差などが、要介護者にとっては命取りになる可能性があるなど、日常にさまざまな危険が潜んでいるという認識を強く持っておかなければなりません。

介護のやりがい

介護の仕事は人からとても感謝される仕事です。体力気力を消耗する大変な仕事をやりとげたとき、「本当にありがとう!助かった」という相手からのひとことがあるだけで、心が洗われるような気分になれます。料理や洗濯、掃除が好きな人にとっては、自分の好きなことや得意なことを活かす絶好の場となります。日勤専門の介護職ならば、子育てとの両立もしやすいちょうどいい時間帯に働くことができます。介護職は、介護福祉士やケアマネージャーなど、目標となるキャリアパスが明確なので、キャリアアップを目指して頑張ることでやりがいも大きくなります。介護職には年齢の壁がないため、年齢に関係なくキャリアを築いていけるのも魅力です。

それぞれのニーズに合わせたサポートのために

  • 介護保険内・外の線引きがポイント
    介護保険内・外の線引きがポイント更新日:

    介護保険内でできることとできないことの区別がつかない介護保険利用者は多く、訪問介護の際に介護保険外のサービスを求めてしまうようなケースがあります。そもそも介護保険の仕組みが複雑でわかりにくく、専門知識を持たない高齢者が自分で制度のすべてを理解してサービスを依頼することはかなり難しいものです。混合介護は可能なので、事業者やケアマネージャーは適切な介護計画のもと利用者にしっかりとした説明を行っていく必要があります。

  • 内容や費用は提供者によって異なる
    内容や費用は提供者によって異なる更新日:

    介護保険外サービスにはさまざまなタイプがあり、市区町村や介護サービス事業者、民間企業が提供しているサービスがあります。介護認定を受けている人が介護保険外のサービスを利用する場合はケアマネージャーに相談しますが、そうでない高齢者は自由にサービスを選ぶことになります。サポート内容によっては費用が高額になる場合があるものの、サポートを手厚くすることによって高齢者の生活の質を大幅に向上させることができます。

特集記事